評価制度

シンデレラFCグループでは人事考課基準を5項目に分けて考えております。またそれぞれ評価項目を人事考課基準と比較し評価を行っております。

また、それぞれの評価項目の「主体と客体」、すなわち「どう見ているか?」「どう見られているか?」に着目し人事考課基準と比較した評価を行っております。なお人事考課基準は加盟各店より選抜された社員の意見を元に作成されております。

人事評価

能力評価
仕事をおこなう上で必要な知識、技術や経験、期待されるポテンシャル(理解力・判断力・折衝力・企画力・統率力など)を評価の対象とします。但し偏った上司の主観などからの評価を避けるため教育チームによる一定の人事考課基準を設け、主体性・客体性に基づいた評価を行っております。
情意評価
遅刻をしない!真面目に一生懸命!勤務態度や仕事への取り組み姿勢、意気込みも評価の対象と考えております。風俗業といった業界の中で「信用力」が高い社員ほど、情意評価が高くなっております。
行動評価
シンデレラFCグループの評価制度の中でも重要視しているのが「具体的な行動」に対する評価です。ここで採用しているのが「コンピテンシー評価」という手法で、継続的に実績を上げることの出来る能力を評価すると定義しております。成果主義に重点を置いた評価方法は短期的な成果に比重が置かれ、中長期的な観点が欠落するというデメリットがあります。そこでより多面的な人事評価を行うために行動評価に重点を置いております。なおコンピテンシーは大きく分けて下記3項目に分ける事が出来ます。

加盟店評価

業績評価
売上や利益、顧客獲得数、クレーム発生率など、加盟店舗へ課せられた目標に対して、実際に達成した結果を評価の対象とします。客観的に判断しやすい指標をもとに評価しますので、評価結果は容易に導き出すことができます。ただし業績はその期毎に大きな変動のあることが予想されます。ずっと良い働きかけをしていてもその期に結果が出なかったもの、目に見えない形で企業に貢献したことは、評価されません。何故なら、あまりに結果指標を重視しすぎると、目先の数値を追うだけの短期志向に陥り、結果として顧客との利益相反を生じることも考えられるからです。
目標達成度評価
月次、四半期、半期、年次、それぞれの目標達成度による評価を行っております。シンデレラFCグループでは売上や利益以外、お客様や在籍コンパニオンなどそれぞれに対する様々な数値目標が設定されております。その数値目標に対する%で目標達成度を評価しております。

応募フォームはこちら


私たちは高収入を得るべくして得られる環境を目指します。
本当に能力がある人、利益を出している男性社員を正確に明確に見極める現場です。
評価で大切な事は公平性、納得性、透明性です。
本当に評価すべき男性スタッフを高収入という形で評価し、評価できない男性従業員にはその理由に気づいてもらえる仕組みづくりに取り組んでおります。

Top page